ブックメーカーで更にテニス観戦が面白い

federer

テニスというのは非常にスピード感溢れ、一流選手のテクニックを堪能することが出来る競技であることから観戦していて楽しいスポーツとなっています。

ルールも簡単ですから、誰が見ても面白いものとなっているのですがある程度知識がついてくるとそれを活かして、勝敗予想を楽しんだりするものです。

試合の行く末を予想するというのは特に何かがかかっているわけでなくても面白いものですが、そこに賭けの要素が加わるだけでより一層面白いものへと変貌を遂げることになります。

そして、そのテニスの試合に賭けることが出来るのがブックメーカーであり、世界中のあらゆることを何でも賭けの対象にしてしまう、ブックメーカーでは当然テニスのも賭けの対象となっているので、ギャンブルをすることが出来るのです。

賭け方というのも無数にあって、単純にどちらの選手が勝つのかを予想するものもあれば最終的なスコアを予想するものであったり、ブックメーカーが独自に決めたハンデキャップといったものもあります。

このように様々な視点から賭けをして楽しむことができるので、それまでただなんとなく観戦していた試合が賭けの対象となることによって更に熱く楽しく観戦ができます。

ブックメーカーでテニスの試合に賭ける

wimbldon

ブックメーカーはサッカーも人気があるのですが、実はテニスがお金が一番動くスポーツとなっています。なぜかというと、テニスはオッズの種類がとてもバラエティーに富んでいるためです。

ライブベッティングという仕組みがあり、実際に試合が行われている最中に賭けることが可能になっています。男子の場合は、一つの試合でどちらかの選手が3セット先取したときに勝敗が決まるため、最大で5セットまであり、それぞれのセットも6ゲームを先取したときにそのセットの勝敗が決まるため、多くなると1セットに12ゲームが行われます。

ブックメーカーは、ゲームの勝敗でも賭けることが可能で、ライブベッティングでは、ゲームの中でどちらの選手が次のポイントを取るかを賭けることもできます。試合の結果だけではなく、それぞれのセットやそれぞれのゲーム、それぞれのポイントにまで賭けることができるため、非常にたくさんのチャンスが巡ってきます。

これだけバリエーションに富んでいるオッズが揃っていれば、ブックメーカーのゲームの中でテニスが最もお金が賭けられているスポーツであるという事実にも納得ができます。また、ゲーム数が最終的に奇数になるか偶数になるかを賭ける事ができるオッズもあります。

ブックメーカーではテニスの生中継が見れる

broadcast

ブックメーカーといえばスポーツや政治などさまざまなことを賭けの対象にしていて、ギャンブルの印象が強いですが、それ以外の楽しみ方もあります。

スポーツの生中継を見られることもそうで、海外のサッカーやバスケ、テニスの試合を見たいと思うと、お金を払って有料サービスに登録する方法をすぐに思い浮かべますが、一部のブックメーカーでは試合の中継を見ることができます。

生中継は、ブックメーカーに登録し、少しでも入金をすれば見ることができます。アカウントに少しでもお金が入っているとずっと見ることができるので、最初の入金以外にお金がかかることがありません。

テニスは四大大会はもちろん、マスターズやATP500などほとんどの試合を見ることができますし、サッカーもヨーロッパや南米、国際親善試合なども見ることができますので、いろいろなスポーツを楽しむことができます。

またブックメーカーでは予想して楽しむこともできるので、生中継を見ていて、このチームが勝ちそうだとか、逆転しそうだと思った場合に、賭けることもできます。試合を見ている方が的中しやすいですし、見るだけとは違った楽しみ方ができますので、実際に賭けてみることもおすすめします。