女子ゴルフ選手木戸愛が可愛い

木戸愛

身長172cmと男性にも引けを取らない恵まれた体の持ち主、女子ゴルフ選手木戸愛。愛称は「キドメグ」で神奈川県出身の彼女は父親にプロレスラーの木戸修の長女として生まれます。10歳でゴルフを始めたゴルフは、最初はまったくボールが当たらずに悔しくて、毎日練習場に通うようになったのが、彼女のゴルフ人生の始まりだそうです。

高校は宮城県の東北高校に進学し、OGに宮里藍や原江里菜などのトッププロを輩出している強豪校に進学します。しかし、飛距離では自分より遠くに飛ばす選手が沢山いて、悩んだ彼女は父にアドバイスを求め、父の考えた体力トレーニングのメニューをこなし、今では260ヤードを超えるドライバーショットを放つまでになります。

プロ転向後は2012年にサマンサタバサガールズコレクション・レディーストーナメントで、プロ5年目にして初優勝を飾ります。
その後2勝目にはまだ届いていませんが、2015年よりチーム芹澤の一員になり、念願の2勝目を虎視眈々と狙っている、女子ゴルフ界注目の飛ばし屋美人プロです。